into the water tank world


by u-cube
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Musk turtle.....

最近ミシシッピーニオイガメで検索してこのブログを見に来てくれる方が増えたので(と言っても見てくれる人がまだまだ多くはありませんが^^;)ニオイガメの飼育について。
(ちなみに以下の記事は僕の独断と偏見に満ち溢れており、間違いも多々見受けられるかもしれません^^;その場合優しく、こっそりと指摘してくださいませ^^)
(書いてるうちにかなーり長くなってしまいました。暇なら読んでみてください)

ニオイガメはうちでも飼っているミシシッピーニオイガメやカブトニオイガメやヒメニオイガメなどがいますが、どれも大きくなっても15cmくらいまでで、カメの中では小さい種類です。
有名なミドリガメ(ミシシッピーアカミミガメ)は30cmくらいになりますし、飼い切れなくなって捨ててしまう酷い輩もいるのです。
それに比べればニオイガメの仲間は小さいし飼い易いです。
カメは繁殖が春から夏にかけてで、大体早いと春と言うこともありますが夏くらいから秋にかけて小亀が店に出てくることが多い気がします。
c0119482_22495298.jpg

僕の持っている飼育書やその他色々な所で書かれていますが、「水深は甲羅の3倍くらいまで」となっていることが良くあります。
ですが、ニオイガメの仲間など(その他スッポンなども)水棲傾向が強い種は、もっと深くても問題無いです。
少なくとも水の汚れやすさや、見た目(泳ぐカメってかわいいんです)を考えれば出来るだけ深い方が良い気もします。まあ3cmのカメに1mの水深とかはやりすぎな感じもしますが、水槽の20cmや30cmくらいなら問題ないでしょう^^
ちなみに「甲羅の半分だけが水に使っている状態」程度の水深で飼育すると甲羅の成長に乱れが出ることもあるそうです。
水棲傾向の強いカメは、爬虫類に必須と言われている日光浴(紫外線に当たることによる殺菌効果や体温の上昇)はあまり好まないことが多いので、陸場も要りません。個体差はありますが。
だから、バスキングライト(室内飼育で日光浴の変わりに浴びさせるライト)等も無くても良いです。
勿論有った方がいいですが、カメによっては「折角陸場もバスキングスポットも作ったのに上がって来ない」と言うこともあります。
もし、日光浴させたいのであれば水換え等の時に直接日光の当たるところに置いてやればいいと思います。ただしやり過ぎると乾燥や熱で(特に夏や直射日光の当たるところで)弱ります。
水温は15℃以上をキープできるなら冬もヒーターは要りません。ただ、スッポンでそうだったのですが、20℃を下回ると活性が下がるので餌を食べなくなったりすることもあります。そうなったらヒーターを入れたほうが良いです。冬眠をさせないで飼育しても問題ないですが、繁殖させたい場合には冬眠させた方がいいみたいです。僕はやったこと無いので判りません。正確には子供の頃、アカミミガメで挑戦したのですが、結局冬眠しませんでした^^;真冬でも水面に上がってきてたし…。あと、子供のカメは弱いので冬越しに耐えられない可能性もあるので、室内で温めて飼った方が良いです。
c0119482_23123459.jpg
飼育に関しては、一番簡単なのは適当な容器に水を入れただけでも飼えます。
うちでは水槽に砂と石を入れただけで今は飼っています。フィルターは今は付けてません。
でもフィルター(濾過器)は有った方が良いです。無くても可ですが。
魚でもそうですが、水が動いてない状態では水質が悪化するスピードが速いです。少しでも水を循環させてゴミを濾過するだけでも効果はあると思います。ただ、カメなどの爬虫類(両生類もですが)のフンは水に溶けにくく、分解されにくいので、水は汚れやすいです。だからカメの大きさに対してそれなりに大きな水槽や濾過器を用意しない限り、定期的に水換えしないとすぐ汚れます。最低週1くらいで1/2以上水換えをしたほうが良いです。
そこに敷く砂や砂利は有った方が良いですが、あると汚れが溜まりやすいので無くても可です。
水草水槽で使う「ソイル」と言う底床はダメです。カメが掻き回して水が濁ります。
この写真のように水草を入れた水槽で飼うことも出来ます。が、水が汚れやすく濾過が安定しないので、茶色のコケを中心にコケで水草が覆われてしまいます。あと、柔らかい草だと噛み千切ったり爪でバラバラにされます^^;入れるならミクロソリウムやアヌビアス・ナナが管理も楽でいいと思います。ちなみにコケ取り用にエビや貝を入れると食われます。カメの大好物です(特に貝)。もし入れるなら大きな石巻貝とかなら殻が固いし良いかもしれないですけどひっくり返ったらお終いです。ご臨終です。
餌はテトラのレプトミンなどの配合飼料だけでも十分です。乾燥のエビも良いですが、それだけだと栄養が偏ります。おやつ程度にタマにあげるのがいいかと。ちなみにうちでは乾燥の糸ミミズは不評でした。その他だと貝は好物なので、もし余ってるならあげてもいいかも。魚とかエビは…多分喜んで食べるけど、前にグローライトテトラを(鑑賞目的で)一緒に入れてたら追い掛け回されていたのでもう入れてません。多分大好物です。一番早いのは買ったところであげていた餌と同じ物をあげると餌付けが早いです。



とまあ、長々と書きました。飼育自体はかなり簡単です。
小さいカメは可愛いですよ~。(要はこれを言いたかったのだが)
[PR]
by u-cube | 2007-10-24 23:42 | turtle tank